任意売却と競売の違いをまとめました。

ご覧いただくと、任意売却のメリットが非常に多いですね。

ちなみに、「任意売却のデメリット」のコーナーもありますので、

ぜひご覧ください。

  任意売却      競売       
売却価格 市場価格に近い価格で売却できる 市場価格の5~7割で落札される
ご近所

通常の売買として売るので、近所に

ローン苦と言う事が知れ渡らない。

新聞や裁判所で公示されるので、

近所の人にローン苦が知れ渡る。

最悪、入札を考える不動産業者が

近隣住民にあなたの素性の聞き込み

をする事も・・・

引越時期 引き渡し日の希望も聞いてもらえる。

希望は一切聞いてもらえず、

期日を過ぎると不法占拠になり、

強制執行(強制退去)の場合も。

引越費用

最大30万円まで債権者より

引越費用を捻出できる。

引越費用や立ち退き料など

一切出ない。

家が無くても退去させられる。

残債処理

債権者と同意の上の任意売却なので、

残債が出ても、分割できる。

残債務も一括返済を迫られるので、

自己破産をしなければならない事も。

精神面

手続きや交渉は当社が行うので、

精神的にも楽。

難しい内容の手紙など全て自らに

圧し掛かり、精神的にキツイ。

住居 方法によっては住み続ける事が可能。 事情は関係なく退去しなければいけない。
税金関係

滞納中の税金などは売買代金から

差し引き出来る。

滞納分の税金がそのまま残る。