任意売却とは

1.住宅ローンが払えない、住宅ローンを払えない状況になりそう、既に滞納している

マイホーム(不動産)を購入する場合、多くの方が住宅ローンを使い、10年~30年というような長期にわたり分割して銀行などに返済していく方法を取ります。

ただ、マイホームを購入した後、病気・リストラ・収入減・離婚など様々なご事情により、住宅ローンが払えない・住宅ローンを払えない状況になりそうな人が急増しております。

しかし、どう対処してよいかわからず、そのまま放置してしまう方も多くなっております。

 

2.自宅を売却するには、住宅ローンの残債(残債務)を一括で返済しなければなりません。

住宅ローンを使い不動産を購入する際、金融機関は、担保として購入した不動産に抵当権を設定し、住宅ローンの返済が出来なくなった場合の保険をかけています。

また、固定資産税などの税金滞納が続くと、役所は税金回収の為に、所有者の不動産に差押えの不動産登記を行います。

不動産を売却する場合には、住宅ローンなどの残債を全額返済し、不動産登記された抵当権や差押えなどを解除する必要があります。

 

3.売却したいが、全額返済できない場合の手続きが、任意売却

 住宅ローンなどの残債を一括返済できない場合、債務を残したままでも抵当権や差押えを解除してもらうのが、任意売却です。

任意売却は、債権者である金融機関に合意を得てから売却手続きに入りますが、住宅ローンの支払いが遅れていなければ、任意売却での売却を認めていただけません。